日焼けの症状が違っても影響は

なぜ、同じ環境で同じ量の紫外線を浴びていても、ひどい日焼けをする人と、そうでもない人がいるのでしょう。一緒に屋外で遊んだり海辺にいたりして、同じ量の紫外線を浴びたはずなのに、日焼けの差が生じることは良くあります。赤く日焼けをして痛みを伴ったり、すぐに黒くなって痛みはほとんどないという人もいます。人によって、日焼けの症状が違うことは周知の事実です。同じ紫外線を浴びていても、日焼けの仕方が異なっているのは、メラニン色素の機能に差があるためです。紫外線による肌の変化は、紫外線A波がもたらす肌を黒くするサンタンと、紫外線B波がもたらす肌の炎症の要因になるサンバーンがあります。紫外線A波を皮膚に照射すると、肌は紫外線の影響から細胞を守るために、メラニン色素を生成します。このメラニン色素をつくるためのメラノサイトの機能に個人差があります。紫外線を浴びるとすぐにメラニンを合成するので、肌は黒くなりやすいですが、光老化は出にくいと言われています。強い紫外線を浴びても皮膚が黒くならない人は、メラニン色素がつくられない代わりに、肌が炎症を起こしやすくなってしまいます。あまり日焼けをしないという人は、その分、光老化のリスクが高くなります。紫外線を浴びても、なかなか皮膚が黒くならないという人は、紫外線の作用があまりない印象があります。もしも、日焼けをしても肌の色があまりかわっていなければ、紫外線の影響が実は細胞に現れていることがあります。
お世話になってるサイト⇒アルコールフリーで肌に優しいデオドラント